東京都港区のNo.1オフィスデザインのお役立ちコラム

No.1オフィスデザインのお役立ちコラムを随時
掲載していきます。

2021.02.15VPNとは何?VPNのメリットや構築方法を紹介

新型コロナウイルス感染症の影響により、テレワークが推奨され多くの企業で導入が進んでいます。
テレワークで円滑に仕事を進めるためにはネット環境が大切ですが、自宅にいてもオフィスを同じような環境で働くことができる
「VPNサーバー」なるものがあります。
ここではVPNとは何か、VPNを導入したときのメリット・デメリット、気になるVPNの構築方法について紹介しています。

VPNとは

VPNとはVirtual Private Networkを略したもので、日本語に訳せば「仮想専用線」となります。
仮想的な専用機を使用して離れた拠点間をつなぎ、通信できるようにする仕組みのことです。
VPNを構築することにより、オフィスのデータベースへ自宅やカフェなどからアクセスすることが可能となり、
いつもと同じネットワーク環境で働けるようになります。

具体的には、オフィスのIPアドレスからでなければ接続ができないサーバーやクラウドサービスなどに、
外部のネットワークよりオフィスのネットワークを介し接続することを可能にします。
VPNには様々な種類がありますが、主に「インターネットVPN」と「IP-VPN」があります。

インターネットVPNとは

公衆のインターネット回線を使用してVPN構築を行うのが「インターネットVPN」です。
既存のインターネット回線を使用することから低コストで構築できる点がメリットですが、
セキュリティ性では100%安全ではない点と、品質が安定しないデメリットがあります。
特に多くの人が使用するインターネット回線を利用することから、情報漏洩には十分に気をつけて業務を行わなくてはいけません。

IP-VPNとは

通信業者から提供される閉域IP網を利用する「IP-VPN」は、インターネットVPNよりも安全な環境を構築でき、
大容量のデータをやり取りできるため、通信が安定します。
IP-VPNは高いセキュリティ性が魅力で、安心して在宅ワークができるメリットがありますが、
どうしても費用が高くなる点がデメリットとして挙げられます。

VPNの構築方法

VPNを構築するためには、接続したい各拠点に専用機が必要となります。
IP-VPNの場合は、前項でも説明したように通信業者から提供されることになるため、自分で構築する必要はありません。
そのため、ここではインターネットVPNの構築方法を案内します。
VPNの構築には、接続形態に合わせたソフトウェアとハードウェアを用意しなければいけません。

ソフトウェアをインストールする

用意したソフトウェアを各パソコンにインストールします。
インストールをして設定が終了すれば、自宅や外出先などから社内PCへの接続が可能になり、
オフィスにいるのと同じような環境で仕事ができるようになります。

ルーターを設置する

用意したルーターを各拠点に設置して、接続設定を行います。
ルーターを選ぶときには、必ずVPNに対応している商品を選択してください。
ルーターには有線や無線の他にも、ウイルス対策ソフトが備わっているものなどいろいろな種類が用意されているので、
条件に合ったものを慎重に選んでください。

設定を行う

ソフトウェアをインストールしてルーターの接続設定が完了したら、接続元の端末でVPN設定を行います。
管理者パスワードの設定方法は機種によって様々です。
サイト間接続(拠点間接続)かリモートアクセス接続かを選ぶ項目がありますが、サイト間接続は拠点同士をつなぐ際の接続です。
これに対してリモートアクセス接続は、主として外部から利用するテレワーカーが、直接オフィスのLANにつなぐときの接続方式です。
最後に、いずれのプロトコルを利用するかを選択(IPsec、L2TP/IPsecなど使う項目にチェックを入れる)し、
ポートの設定をして接続が確認できれば完了です。

VPN導入のメリット・デメリット

VPN導入には、いろいろなメリットもあればデメリットもあります。

VPN導入のメリット

VPNを導入するメリットには、セキュリティを強化できることがあります。
特に個人情報を取り扱いする企業の場合は、情報漏洩が起きれば信用を一気に失い、最悪廃業や倒産にも追い込まれることになるでしょう。
そのため、IP-VPNで強固なセキュリティ対策を行うことをおすすめします。
セキュリティ強化のためには他にもいろいろなツールが用意されていますが、VPNはコストを削減できるメリットがあります。

また、VPNを使えば簡単にアクセスができることも大きなメリットです。
特にインターネットVPNであれば、公共の回線を暗号化してスムーズな利用が可能になっています。

VPN導入のデメリット

VPN導入には、設定や管理が大変なことと、接続台数が限られるデメリットがあります。
IP-VPNであれば自分で設定・管理をする必要はありませんが、インターネットVPNの場合は最初の設定を社員が個々に行わなくてはいけません。
機械に詳しい社員であれば特に問題ありませんが、そうでない社員が大半なケースが多いのが現実です。

さらに、設定後に何らかの問題が起きたときには個々で対応せざるを得ず、ある程度の知識やスキルも必要となります。
接続台数に関して、VPNの種類によっては一度にアクセスできる台数に限りがあるため、使用人数を考えて導入するVPNを選択しなくはいけません。
VPNを構築した後で使用人数が増えると、再び他のVPNを導入しなければいけなくなったりします。

また社内ネットワークに入ることができない社員が出るかもしれませんので、将来のことも考えて商品選びを行いましょう。

関連記事