東京都港区のNo.1オフィスデザインのお役立ちコラム

No.1オフィスデザインのお役立ちコラムを随時
掲載していきます。

2021.01.21パーテーションでおしゃれに見せるポイントは?

パーテーションは部屋の空間に仕切りを入れることで、簡単に別の空間を作り出すことができます。
せっかくパーテーションを導入するなら、仕切るだけではなくおしゃれに演出したいものですね。
この記事では、パーテーションのメリット、種類と特徴、おしゃれに見せるためのポイントについて解説しています。

パーテーションのメリット

パーテーションを活用することで、以下のメリットがあります。

部屋を分割できる

一つの部屋であっても、パーテーションを置くことで別の空間を作り出すことができます。
例えば、オフィスでミーティングをするスペースや、作業に集中しやすい空間などを作ることができます。

費用が安い

新しくオフィスを借りたり、既存のオフィスをリノベーションしたりするのは、費用がかかる上にハードルが高い方法です。
その点パーテーションであれば、安いもので数千円程度なので、簡単に新しい空間を作ることができます。

目隠しになる

打ち合わせ等で外部の人がよく通る場所の近くあれば、雑多になった書類など見られたくないものです。その際にもパーテーションは役立ちます。

装飾だけではなく収納もできる

パーテーションの種類によって、装飾として活用できたり、収納効果のあるものもあります。空間の内装に合わせたパーテーションを選ぶことで、おしゃれで効率的に演出することができます。

パーテーションの種類と特徴

パーテーションは「つい立てタイプ」「カーテンタイプ」「家具タイプ」「壁タイプ」の4種類に分かれます。
それぞれの特徴について、詳しく見ていきましょう。

つい立てタイプ

従来からよく見られるパーテーションのタイプが、つい立てタイプのパーテーションです。
安いものは数千円で購入でき、おしゃれなデザインも価格帯も豊富なため、手軽に取り入れることができます。
新しく空間が欲しい時に、すぐに設置することができ、不要な時は容易に片付けることができます。
ただし空間を完全に仕切ることができないため、仕事に集中できる空間作りには向いていません。

カーテンタイプ

設置する位置によっては、容易に取り付けができるのがカーテンタイプのパーテーションです。
突っ張り棒が取り付けられるスペースであれば、容易に仕切りを作ることができます。
カーテンレールを取り付ける場合は、専門業者に依頼するか、多少のDIYが必要になります。
部屋の雰囲気や季節に合わせて、カーテンの柄を選ぶことで容易におしゃれなパーテーションができます。
洗濯可能な素材であれば、衛生的で清潔な空間を保つことができます。
カーテンタイプも安くておしゃれですが、仕切りに対応できる幅が2m程度とデメリットがあります。

家具タイプ

棚やフックをかけられる機能がある家具を設置して、空間を作るのが家具タイプのパーテーションです。
よく使うアイテムを置くことができ、収納機能でスッキリとおしゃれな空間を演出できます。
どんな素材や大きさの家具を選ぶかによっても、メリットが変わります。
スチール製の棚を置いた場合は、選ぶアイテムでおしゃれを演出でき、空間をゆるく仕切ることができます。
また厚みや高さのある家具の場合は、防音効果や収納力がアップするメリットがあります。
ただし家具タイプは、どうしても部屋が狭くなってしまいます。
そのため狭い部屋ではなく、広い部屋を仕切りたい場合に向いています。

壁タイプ

空間を完全に仕切りたい場合は、壁タイプがおすすめです。
完全に独立した空間ができるため、オフィスなどで広く利用されています。
壁タイプのパーテーションは、設置の工事が必要となりますが、材料を購入してDIYすることも可能です。
全て壁のパーテーションだけではなく、窓ガラスが入ったタイプを選べば、おしゃれなパーテーションになります。
デメリットは、設置と撤去が容易ではないことと、費用が高くなることです。

パーテーションの選び方

どんな目的でパーテーションが必要なのか、その点を明らかにしておくことがポイントになります。

素材で選ぶ

窓の少ない部屋で明るさが欲しい場合は、パーテーションの材質にこだわりましょう。
竹製のパーテーションであれば隙間があるので圧迫感が少なく、明るさも出て、風通しも良いです。
金属やプラスチック製よりも、木製のパーテーションの方が明るくて、リラックスできます。
おしゃれな演出をしやすいのもメリットです。

機能で選ぶ

空間をしっかりと区切ることができるのが鉄製パーテーションです。
木製やプラスチックに比べて防音・防熱効果が高いので、プライベートな空間を作りたい場合に向いています。
マグネットを用いることで、メモを貼り付けたり、小物を整理したりすることができます。

おしゃれを重視するならテイストを合わせる

おしゃれなパーテーションにする場合は、部屋の雰囲気にあったパーテーションを選びましょう。洋風の部屋の場合は、カーテンタイプがおすすめです。
カーテンは様々な柄があるため、演出したい雰囲気に合わせた柄のカーテンで簡単にパーテーションができます。
ゆったりした空間なら緑や自然の柄を、モダンな空間なら幾何学的な柄を選ぶと良いでしょう。

和室なら設置型を

畳のある部屋の場合は、設置するタイプのパーテーションがおしゃれです。
障子が貼られたパーテーションやすだれ風のパーテーション、屏風を使うことでおしゃれに和室を仕切ることができます。

まとめ

パーテーションで部屋をおしゃれにするためのポイントは、パーテーションの種類や素材を部屋のデザインに合わせて設置することです。
空間を分ける機能面も大切ですが、全体的な統一感も考慮して適切なパーテーションを選びましょう。

関連記事