東京都港区のNo.1オフィスデザインのお役立ちコラム

No.1オフィスデザインのお役立ちコラムを随時
掲載していきます。

2021.01.29電話線をLAN回線に変換することは可能?

インターネットを使うためには、新しく配線を引いて工事しなければならないのでしょうか。
それとも、今ある電話回線を利用して接続することは可能なのでしょうか。
インターネットに不慣れな場合、分からないことが多すぎて、何から手をつけていいか迷ってしまうことでしょう。
この記事では、電話線とLANの違いや、電話線をLAN回線に代用する方法などを解説しています。

電話線とLANの違い

そもそも、電話回線とLAN回線との違いは何なのでしょうか。
両者の違いについて見ていきましょう。

電話回線とは

電話回線は別名モジュラーケーブルと呼ばれ、ケーブルの両端に電話端子が付いています。
端子には最大で6本の芯線を接続でき、2芯、4芯、6芯の3種類あります。

LAN回線とは

LAN回線は別名LANケーブルと呼ばれる有線で、インターネット接続をするために必要です。
パソコン同士やプリンターなどの他の機器をつなげてネットワークを構成することができます。

LANとLAN回線は別物

LANとLAN回線(LANケーブル)は、似ていますが意味は違うので注意しましょう。
LANは「Local Area Network」の略で、オフィスなどのような限られた範囲で、コンピューターや通信機器などをケーブルや無線電波などで接続し、文書などを相互にデータ通信できるようにしたネットワークを表します。
ネットワークを作るために必要なものが、LAN回線(LANケーブル)です。

電話回線はLAN回線に変換可能

既存のオフィスに電話回線しかない場合でも、LAN回線に変換してインターネットを使用することができます。
LAN回線に変換してインターネットに接続することができる電話線は、3種類あります。

アナログ電話回線

昔から家庭にある一般的な電話回線で、音声を直接相手に伝達する回線です。
見分け方は、受話器から「ジジジ」という音がする場合はアナログ回線ですが、毎月の明細書でも確認できます。
この回線を利用してインターネットを使用する場合は、通信速度が遅く、料金が高額になってしまいます。
さらにアナログ回線では、インターネットを使用している時は電話を使うことができません。

デジタル電話回線(ISDN回線)

アナログ回線と同じく銅線を使用していますが、音声データをデジタル信号に変換して伝達します。アナログ回線と異なり、1つのデジタル回線で電話とインターネット2つの同時利用ができます。
そのため、電話をしながらインターネットを使って検索することができます。
ネットサーフィンでサイトを見る場合は、少し遅いと感じるくらいのスピードです。

ADSL回線

上記2つと異なる電話回線で、メタルケーブルを使用した高速デジタル回線です。
ADSLはAsymmetric Digital Subscriber Lineの略称で、従来の電話回線を利用してインターネット通信を行う方法です。
電話回線の中でも普段使用していない周波帯にデータを送ることで、アナログ回線などに比べて高速でインターネット通信を行うことができます。
インターネット料金も、割安に使用できるものの、基地局から離れた場所では通信が不安定になる欠点があります。

インターネット接続可能なその他の回線

インターネットの接続は、電話回線以外でも使用できます。
今後インターネットを使用する上でも判断材料になるため、知識として理解しておくと便利です。

テレビ回線

地元にケーブルテレビ局がある場合、ケーブルテレビのインターネットサービスに加入することで、テレビの回線を使用してインターネットに接続することができます。
すでにケーブルテレビに加入しているのであれば、インターネットの接続も同時に行うことで料金をお得にできるでしょう。

光回線

インターネット通信で一般的な方法が、光ファイバーケーブルを使用した光回線です。
光信号に変換することで、高速で通信を行うことが可能です。
基地局の距離とは無関係に、どんな環境でも安定して高速通信を行うことができます。

電話回線をLAN回線に代用するためには?

当たり前のことですが、電話回線(モジュラーケーブル)をそのまま使用しても、インターネットに接続することはできません。
電話回線をLAN回線へ変換するためには、専用の道具や作業が必要になります。

モデムとLANケーブルで変換する

電話回線をLAN回線に変換するためには、モデムと呼ばれる機器とLANケーブルが必要です。
モデムに電話回線(モジュラーケーブル)をつなぎ、そこからLANケーブルを接続することで、その回線がLAN回線に変わります。
ちなみにモデムとは、アナログ信号をデジタル信号に変換する機器です。
電話回線のアナログ信号を、デジタル信号に変換することでインターネット通信が可能になります。

モデムはどこで手に入れるのか?

電話回線をLAN回線に変換できるのが分かったら、必要な機器はどこで手に入れるのかが問題になります。
モデムはどこで手に入るのか、詳しく見ていきましょう。

プロバイダーと契約する

モデムを手に入れるためには、家電量販店ではなくプロバイダーと呼ばれる回線業者との契約が必要になります。
プロバイダーと契約することで、専用のモデムが送られてきます。
モデムはそれぞれの回線業者の仕様となっているため、家電量販店などで一般的な販売はされていません。
インターネット初心者の場合は、プロバイダーと契約する方が簡単なのでおすすめです。
LANケーブルは家電量販店で販売していますが、プロバイダーと契約することで、両方ともセットで付いてくるので自分で購入する必要はありません。

契約後どのくらいで使えるか

プロバイダーと契約してから最短で数日、長くとも2週間程度でインターネットに接続することができます。
オフィスの開設日に合わせて、早めに申し込みをしておくと良いでしょう。

まとめ

以上、電話線とLANの違いなどの基礎知識、電話線をLAN回線に代用するための具体的な流れについて解説しました。
電話線はLAN回線に変換することが可能です。
既存の電話回線を使用して、あなたのオフィスにインターネット環境を構築しましょう。
自分たちで作業を行うのが不安な場合は、業者に相談することをおすすめします。

関連記事