東京都港区のNo.1オフィスデザインのお役立ちコラム

No.1オフィスデザインのお役立ちコラムを随時
掲載していきます。

2021.06.25工場にパーテーションは必要?設置方法や注意点を知ろう!

間仕切りがない大きな工場や倉庫はとても開放的ですが、作業に不便な部分がありませんか?
例えば、休憩室や応接室・課別の作業スペースなど、仕切りを設置することで作業効率がアップする場合があります。
工場の間仕切りでおすすめなのが、低コストで手軽に設置できるパーテーションです。
今回は、工場にパーテーションを設置するメリットや設置時の注意点などについて、詳しく紹介します。

工場にパーテーションは必要?

間仕切りのない工場の作業は、働く人達や生産ラインの様子が一目でわかるのがメリットです。
しかし、食品や精密機器など、衛生面の管理や温度管理が必要な作業は、仕切りがないことがデメリットになる可能性も。
工場は法的な規制や規格に合わせて、レイアウトする必要があるのです。
しかしながら、工場の大規模なリフォームや建て替えは、莫大な費用がかかります。
その点、パーテーションの設置なら時間もコストも大幅削減できますので、効率よく工場リフォームができるでしょう。

パーテーションの設置による問題を挙げるとするならば、耐震性の低さです。
床と天井にパネルや支柱を設置して仕切るため、どうしても耐震性は低いものになってしまいます。
また、工場や物流倉庫の天井が高くて既成のパネルや支柱が使用できない場合、費用も高くなります。
その場合、パーテーションと同じ役割を持つ「ファクトリーブース」の設置を検討してください。

ファクトリーブースとは?

ファクトリーブースは、すでに天井の付いたパーテーションで、天井高を気にせず工場に設置可能なブース(個室)です。
一般的なパーテーションといえば、床と天井に支柱を立て、その間にパネルをはめ込むもの。
基本的にオフィスやショップなど、天井高があまり高くない場所に設置します。
一方で、ファクトリーブースは、広い工場の一角に独立した部屋を作ることができます。
生産に合わせて簡単に移動・レイアウトできるのもメリットのひとつです。

ファクトリーブースの施工例

ファクトリーブースを設置する工場が増えていますが、どんな目的で使われているのか、施工例を参考にしましょう。

・喫煙室
・休憩室
・保冷用のバックヤード
・トイレの増設など

天井付きなので、音はもちろんトイレの増設でも臭い漏れが気になりません。
喫煙室を設置することで、工場や事務所で簡単に分煙できるので、タバコが苦手な作業員も安心して働くことができます。

工場におすすめのパーテーションは? 種類と特徴をチェック

パーテーションの素材は、アルミやスチール、ガラスと種類が分かれ、耐火性や防音性がまったく違います。
ガラスパーテーションは、採光性が高くおしゃれな印象が強いのですが、衝撃によって割れやすいため工場には不向きです。
工場の多くは、アルミとスチールパーテーションを採用しているので、それぞれの特徴をチェックしておきましょう。

アルミパーテーションの特徴

アルミパーテーションは、スチールパーテーションに比べるととても軽く、設置のしやすさが特徴的です。
他のパーテーションに比べて加工がしやすいため、短期間で施工が可能です。
ただ、支柱とパネルのつなぎ目がむき出しのため、おしゃれな印象はありません。
パネルの色の選択や窓ガラス入りパーテーションを導入することで、見た目が大きく変わるでしょう。
スチールパーテーションより、防音性や耐震性が低いので、設置する目的に合わせて選ぶと一番コストを抑えられますよ。

スチールパーテーションの特徴

スチールパーテーションは、遮音性と機密性が高いのが特徴的です。
また、アルミパーテーションより、支柱とパネルのつなぎ目が見えにくいため、デザイン性にも優れています。
パネルの色が豊富で、木目調などデザイン性の高い商品もあります。
アルミに比べるとコストや施工期間はかかりますが、耐震性は高いので工場パーテーションとの相性がいいでしょう。

工場にパーテーションを設置する注意点

工場にパーテーションを取り付ける時は、次の2つに注意しましょう。

賃貸工場は要注意

パーテーションの取り付けは、工場の床や天井に穴を開けるため、賃貸で利用している場合は注意が必要です。
通常、賃貸工場は原状回復義務が発生するため、退去する時に契約した状態で引き渡さなくてはいけません。
穴開けや汚れなど作業中のトラブルは、後から修復が必要です。
パーテーションを設置する前に、床や天井に穴を開けることを不動産に必ず確認しましょう。

消防法や規格の問題

工場にパーテーションを設置する時、照明やコンセントの増設などが必要になるため、電気工事や消防設備、換気工事などが必要です。
防火対策のためには、面積や構造、収容人数などの定義をクリアする必要があり、勝手な判断でパーテーションを取り付けられません。
工場にパーテーションを取り付ける時は、法律や規格などに詳しい専門業者へ依頼することで、トラブルを防ぐことができます。

まとめ|工場のパーテーションは専門業者へ相談しよう

工場のパーテーション設置は、今まで以上に作業効率がはかどり、生産性がアップする可能性が高いです。
パーテーションといっても、選ぶ素材や設置方法によってコストや機能性が大きく違うため、目的に合わせてどの種類がいいのか見極める必要があります。
個室のようにしたい場合は、ファクトリーブースを設置する方法もありますので、目的や費用を踏まえて検討してください。
工場のパーテーションで困った時は、施工実績が多く知識豊富なパーテーション設置専門業者へ相談しましょう。

関連記事